読み上げブラウザ用メニュー

季刊誌「ハーネス通信」

2021年04月のバックナンバー

テラスだより(2021年春号)

パピーウォーキングを終えて木香テラスに帰ってきた犬たちの訓練は、テラス担当者が中心になって行います。今回は、テラス担当者が訓練の初めの頃に行う「スリット階段」での訓練についてご紹介します。


IMG_3864.JPG スリット階段は、蹴込み板がなく階段の向こう側が見えるので犬にとっては恐怖心があり苦手な子が多いです。まずは階段に近づくこと、そして「クリッカー」という訓練手法や心地よい声でたくさん褒め励ましながら、一段目、二段目と少しずつ進めていきます。
 苦手なことに挑戦し克服して褒められることで自信がつき、また人と一緒に課題に取り組む喜びを経験していると、その後の訓練でも苦手なものへの挑戦が楽になります。中には臆せずぐんぐん上る犬もいますがそれで良いのではなく、人と息を合わせて協調し合うことを教えます。
 訓練が終わった時に犬がふとこちらを見上げて落ち着いた様子を見せると「あ、良い訓練になったな」と思います。

メニューを閉じる