読み上げブラウザ用メニュー

活動予定・報告

活動報告

2022年03月23日
京都東ライオンズクラブ様の贈呈式(2022/03/23)
 昨日3月22日、京都東ライオンズクラブ様の結成59周年記念例会にお招きにあずかり、昨年の12月11日に当協会のホールにご寄贈いただきましたゴムマットの贈呈式を行いました。このゴムマットを敷設するまでは、ホールの床はポリタイルでパピーや盲導犬が滑って足腰に負担がかかることを職員一同、懸念し続けていましたが、京都東ライオンズクラブ様のご寄贈により、それを改善することができました。定期的に開催している...【続きを見る
2022年03月21日
京都プリンスワイズメンズクラブ様からのご寄付(2022/03/21)
 昨日3月20日、当協会に長きにわたりご支援をくださっています京都プリンスワイズメンズクラブ様の35周年記念例会が盛大に開催されました。クラブの活動報告やクラブ員の方々のスピーチなど、35周年にふさわしいとても充実した式典で、当協会へのご支援金の贈呈式もプログラムしてくださいました。  PR犬のマギーは、壇上では会場の皆様に視線をあわせてマギーなりのご挨拶を、また宴会時には周りの方々に愛想を振りま...【続きを見る
2022年03月05日
彦根ライオンズクラブ様からのご支援(2022/03/05)
 当協会事業に長年にわたりご支援とご協力をくださっています彦根ライオンズクラブ様から、本年もパピー2頭の寄贈という形でご支援をいただきました。  本日は、そのパピーたちの委託式。委託式では、ライオンズクラブの会長ならびにメンバーの方がたによる寄贈の贈呈式を行いました。彦根ライオンズクラブ様からご支援をいただいたパピーたちからは、盲導犬となった犬も多く、ユーザーがその盲導犬と歩く動画もライオンズクラ...【続きを見る
2022年02月26日
京都鉄道博物館で人権研修会(2022/02/25)
京都鉄道博物館は、JR京都駅から嵯峨野線で一駅「梅小路京都西駅」を降りてすぐのところにあります。鉄道の総合博物館として、鉄道の歴史や技術を知ることができ、鉄道ファンはもちろんのこと、子どもから大人まで楽しめる博物館です。今回は、鉄道博物館のスタッフの方の研修でお話をする機会をいただき、盲導犬ユーザーと職員が伺いました。 まず、盲導犬の育成や作業内容、また「目が見えない・見えにくい」ということについ...【続きを見る
2022年02月11日
生命保険協会京都府協会様の寄贈式(2022/02/11)
 昨日2月10日、一般社団法人生命保険協会京都府協会様の主催「令和3年度歳末助け合い募金 寄贈式」に出席しました。生命保険協会京都府協会様は、京都府協会所属の生命保険会社22社の職員の皆様で「歳末助け合い募金」を実施して、集まった募金を京都府協会からの補助金と合わせて京都府下の福祉団体に寄贈する取り組みを継続的にされています。その寄贈先に当協会を選定くださり、昨日、PR犬マギーとともに寄贈式に出席...【続きを見る
2022年02月04日
【お礼】 アマゾンほしいものリストからのご支援(2022/02/04)
早速アマゾンほしいものリストからのご支援をいただきました。ご支援くださいました皆様、ありがとうございます。これからも犬たちの健康を守るための物品を掲載していきますので、引き続きご支援どうぞよろしくお願いいたします。 写真は、本日までに協会に届いたご支援の物品です。 ...【続きを見る
2022年01月31日
アマゾンほしいものリストのご支援のお願い(2022/01/31)
当協会の犬たちが盲導犬として活躍できるよう犬たちのケア用品につきまして、「アマゾンほしいものリスト」に掲載して、皆様からのご支援をお願いしています。ご支援どうぞよろしくお願いいたします。下記、アドレスから。https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/12GUFNWQPCUV9?ref_=wl_share ...【続きを見る
2022年01月25日
ケージのカバーを作ってくださいました(2021/01/25)
ボランティアさんが木香テラスにある犬のケージのカバーを作ってくれました。訓練が始まってパピーボランティアのご家庭からテラスに生活の場が変ると、犬によっては環境の変化から職員の動きや他の犬たちの動きに影響されて気持ちが高揚してしまう犬もいます。そのような犬には周囲からの刺激を少なくして、落ち着けるような環境を作ってあげることも大切です。そんなときにケージにカバーがあると大助かり。ケージカバーをボラン...【続きを見る
2022年01月22日
本年度7頭目と8頭目の盲導犬を貸与しました(2022/01/22)
 先週は本年度7頭目となる盲導犬を、そして本日は本年度8頭目となる盲導犬の貸与をしました。コロナが再び猛威を振るう中、感染症対策に細心の注意を払いながら、また寒波の到来のなかで、盲導犬を希望する目の不自由な方との共同訓練を実施し、無事に7頭目と8頭目の盲導犬を貸与することができました。  本日は、本年度8頭目の盲導犬のユーザーにとなった方のオンライン出発式(貸与式)を行い、参加職員からお祝いの言葉...【続きを見る
2022年01月19日
音響信号のこと(2022/01/19)
 昨年、京都府八幡市で目のご不自由な方が道路横断中に車にはねられて死亡する事故がありました。音響信号のある横断歩道でしたが、その方が横断した時間は音響が止まっていたのではとのことでした。音響信号は、京都では渡る方角によって「カッコー、カッコー」、「ピヨ、ピヨ」との音で出て、目が不自由な方々は自分が渡ろうとする横断歩道が青か赤がわかりやすいのですが、この音響信号も場所によっては、音が気になるという周...【続きを見る
メニューを閉じる